読売新聞オンライン

メニュー

店頭商品から値札取り外す男…自宅から784枚発見、動機は「言いたくない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 店頭の商品から値札を取り外し、業務を妨害したとして、栃木県警小山署は22日、栃木市の無職の男(50)を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。

栃木県警察本部
栃木県警察本部

 発表によると、男は今年2月9日午後8時半頃から午後9時10分頃までの間、小山市のイオン小山店の衣料品売り場で、商品に付いている値札20枚を取り外した疑い。調べに対し、「(容疑や動機について)言いたくありません」と供述し、黙秘に近い状態だという。

 男の自宅からは、値札やタグなど計784枚が見つかっているといい、同署が関連も調べている。

無断転載・複製を禁じます
2148529 0 社会 2021/06/23 11:56:00 2021/06/23 11:56:00 2021/06/23 11:56:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)