読売新聞オンライン

メニュー

上野のパンダ「シンシン」が双子出産…園長もビックリ「やった!」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は23日、上野動物園(東京都台東区)のメスのジャイアントパンダ「シンシン」(15歳)が同日未明、双子の赤ちゃんを出産したと発表した。シンシンの出産は2017年6月の「シャンシャン」(メス)以来4年ぶりで、上野のパンダが双子を産むのは初めて。母子ともに健康状態に問題はないという。

出産後に保育器に入れられた赤ちゃん(23日、東京動物園協会提供)
出産後に保育器に入れられた赤ちゃん(23日、東京動物園協会提供)

 上野動物園によると、シンシンは23日午前1時頃に1頭目を出産し、その約1時間半後に2頭目を産んだ。1頭は園の飼育担当者が取り上げて保育器に移した。体重は124グラムだった。もう1頭はシンシンが抱いて世話しており、体重は不明。性別は、2頭ともまだわかっていないという。

記者会見で、「シンシン」の双子出産について説明する上野動物園の大橋直哉・教育普及課長(23日午前、東京都台東区で)=木田諒一朗撮影
記者会見で、「シンシン」の双子出産について説明する上野動物園の大橋直哉・教育普及課長(23日午前、東京都台東区で)=木田諒一朗撮影

 シンシンは、今年3月にオスのジャイアントパンダ「リーリー」(15歳)との交尾行動が確認されていた。5月下旬以降、尿中ホルモン値の上昇や食欲不振などの妊娠の兆候があり、園はシンシンの公開を中止して非公開ゾーンの飼育室で生活させていた。今月22日夕から出産前に見られる行動が相次ぎ、園は24時間態勢でシンシンの様子を観察していた。

 記者会見した福田豊園長は「2頭目が生まれた時は本当に驚き、『やった!』と思った。赤ちゃんの成長を通して、多くの人に楽しみや元気をお届けできれば」と話した。

 シンシンとリーリーは11年2月に中国から来園した。シンシンが12年7月に産んだ赤ちゃんは生後6日で肺炎で急死したが、17年6月にはシャンシャンが誕生し、現在も上野動物園で過ごしている。シャンシャンは今年12月に中国に返還される予定だ。

無断転載・複製を禁じます
2148534 0 社会 2021/06/23 11:57:00 2021/06/23 17:29:34 2021/06/23 17:29:34 上野動物園のジャイアントパンダ・シンシンが出産した赤ちゃん(23日撮影。東京動物園協会提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)