読売新聞オンライン

メニュー

風俗店員女性を刺して失血死させる、包丁から少年の指紋も…再逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都立川市曙町のホテルで男女2人が刺されて死傷した事件で、警視庁は23日、あきる野市の無職少年(19)を殺人と銃刀法違反(刃物携帯)容疑で再逮捕した。

警視庁
警視庁

 発表によると、少年は1日午後3時半頃、ホテル5階の客室で、派遣型風俗店員の女性(31)の胸や腹などを、不当に携帯した刃渡り約20センチの包丁で刺して失血死させた疑い。現場で血のついた包丁が見つかり、少年の指紋が検出された。調べに黙秘している。

 少年は、女性から「盗撮された」と連絡を受けて駆けつけた店員男性(25)を刺して重傷を負わせたとして2日に殺人未遂容疑で逮捕されていた。東京地検立川支部は23日、同容疑については処分保留とした。

無断転載・複製を禁じます
2148670 0 社会 2021/06/23 12:30:00 2021/06/23 12:30:00 2021/06/23 12:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)