読売新聞オンライン

メニュー

「牧師に財産を譲る」遺書と牧師の下書き発見…知人の自殺を手助けか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 知り合いの男性の自殺を手助けしたとして、福岡県警は23日、キリスト教団体の牧師で福岡市内の60歳代の男を、自殺ほう助の疑いで逮捕した。捜査関係者によると、男性の自宅から「男に財産を譲る」とした遺書と下書きが見つかり、その後の捜査で、下書きが男の筆跡と一致したという。県警は、男が遺産を手に入れようとしたとみて調べる。

福岡県警本部
福岡県警本部

 捜査関係者によると、男性は70歳代で、3月に自宅で自殺。男は死後の葬儀の約束や遺書の下書きをするなどし、自殺を手助けした疑いが持たれている。男性は妻に先立たれ、「自殺したいが、その後が心配」などと男に相談していたという。

 男は「男性と連絡が取れなくなった」と自ら警察に通報。男性の自宅から見つかった遺書には「男に財産を譲る」と書かれていたが、同じ内容の下書きも見つかり、調べたところ、男の筆跡と一致した。男は男性から葬儀費として数十万円を受け取り、家や現金数百万円などを死後に譲り受ける約束も交わしていたという。

無断転載・複製を禁じます
2149140 0 社会 2021/06/23 14:47:00 2021/06/23 15:50:02 2021/06/23 15:50:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)