読売新聞オンライン

メニュー

「支配地域に2度入った」…北区で「コルク狩り」の高校生3人逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 縄張りを荒らしたと因縁をつけて少年2人に暴行したとして、警視庁は23日、いずれも東京都北区在住で都立高校や私立通信制高校に通う15~17歳の少年3人を傷害容疑などで逮捕したと発表した。逮捕は16日。

警視庁
警視庁

 3人は北区を拠点とする不良グループのメンバーで、「コルク半」と呼ばれるキャップ型のヘルメット姿でバイクを運転していた少年2人に「コルク狩り」と称して暴行したという。

 発表によると、3人は昨年12月13日夜、北区豊島の公園で、葛飾区の私立高校1年の男子生徒(16)ら2人を殴り、それぞれに鼻の骨を折る重傷を負わせるなどした疑い。「自分たちの支配地域に2度入られ、なめられていると思った」と容疑を認めている。

無断転載・複製を禁じます
2150344 0 社会 2021/06/23 20:27:00 2021/06/23 22:51:02 2021/06/23 22:51:02 警視庁。東京都千代田区霞が関で。2020年11月1日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)