読売新聞オンライン

メニュー

長編映画まとめた「ファスト映画」を無断で投稿、全国初の逮捕…広告収入目当てか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長編映画を10分程度にまとめた「ファスト映画」を無断で動画投稿サイトに公開したとして、宮城県警は23日、札幌市東区の無職男(25)ら男女3人を著作権法違反の疑いで逮捕した。県警によると、ファスト映画を巡る逮捕は全国で初めて。

 発表によると、3人は昨年6月7日頃~7月21日頃、自分たちで編集してナレーションを入れたファスト映画を「ユーチューブ」に公開し、映画会社の著作権を侵害した疑い。県警は、サイトの広告収入が目当てだったとみている。

宮城県警本部
宮城県警本部

 海賊版の対策を行う「コンテンツ海外流通促進機構」(東京)によると、新型コロナウイルス感染拡大で「巣ごもり需要」が増えた昨年春から、ファスト映画の投稿が目立つようになった。今月14日時点で計約2100本の投稿があり、約4億7700万回再生されていた。視聴者が本来の映画を見なくなるケースが多く、映画権利者の被害総額は956億円と推定される。

無断転載・複製を禁じます
2150554 0 社会 2021/06/23 21:29:00 2021/06/23 22:19:12 2021/06/23 22:19:12 宮城県警察本部。仙台市青葉区で。2020年11月11日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)