読売新聞オンライン

メニュー

おたふく予防接種に訪れた女性に、誤って3回目のコロナワクチン接種

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新潟県新発田市は23日、市内の医療機関で、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の予防接種に訪れた50歳代の医療関係者の女性に、誤って新型コロナウイルスワクチンを接種するミスがあったと発表した。

 女性は新型コロナのワクチン接種を3月と4月に受けており、今回で3回目。女性の健康状態に異常はないという。

ファイザー製のワクチン
ファイザー製のワクチン

 発表によると、看護師が予診票などの確認を怠り、誤って新型コロナワクチンを接種した。接種後に看護師が予診票を見てミスがわかった。

 市は再発防止のため、市内の医療機関などに対し、予診票やワクチンの種類の確認を徹底するよう指示した。

無断転載・複製を禁じます
2150618 0 社会 2021/06/23 21:47:00 2021/06/23 21:57:42 2021/06/23 21:57:42 北海道中央労災病院に到着した米ファイザー社製のワクチン(19日午前11時54分、北海道岩見沢市で)=佐々木紀明撮影ファイザー製のコロナウイルスワクチン https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50131-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)