読売新聞オンライン

メニュー

検索、また検索でもの忘れが悪化…スマホ認知症で学力にも影響

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 もはやスマホなしでは生活できないという人も多いだろう。一方で、過度な長時間使用で暮らしに支障を来すこともある。

脳がフリーズ?頭を使っているのに

もの忘れ外来で脳の画像を映しながら診察する奥村さん(岐阜県岐南町で)
もの忘れ外来で脳の画像を映しながら診察する奥村さん(岐阜県岐南町で)

 「相手の名前が出てこない」「大事な会合に出るのを忘れてしまった」――。おくむらメモリークリニック(岐阜県岐南町)の「もの忘れ外来」には、こうした症状を訴えて来院する40~60代の中高年が増えている。多くに共通するのが、肌身離さずスマホを持ち歩いて、頻繁に使っていることだ。

 同院理事長で脳神経外科医の奥村歩さんは「脳に過度な負担をかけていることによる一時的な認知機能の低下である脳過労の症状」と指摘。スマホの使い過ぎが主な原因と考えられることから、「スマホ認知症」と名づけて警鐘を鳴らしている。

 奥村さんによると、脳の記憶のメカニズムは3段階に分けられる。〈1〉情報を見たり聞いたりして脳に入力する〈2〉入力した情報を整理する〈3〉整理した情報を取り出して言葉にする。スマホ認知症などの脳過労は、第1段階で脳が膨大な情報にさらされ、第2段階がフリーズし整理できず情報が取り出せない状態という。

 3年前に同外来を訪れた東京都の60代の男性は、スマホを購入し半年ほどで依存状態に。ネットでニュース検索するのが楽しくて、トイレや風呂、ベッドでもチェックするように。同時に、頭痛など体調が悪化し、物忘れがひどくなった。

 男性は受診後、スマホを見る時間を減らすと、3か月ほどで体調は元にもどった。奥村さんは「脳過労は、真面目な性格の人や仕事熱心な人ほどなりやすい。ストレスや家族の悩み、親の介護などが加わるとさらに悪化しやすい」と話す。

1

2

無断転載・複製を禁じます
2202079 0 社会 2021/07/14 06:00:00 2021/07/14 06:00:00 2021/07/14 06:00:00 もの忘れ外来で脳のMRI画像を写しながら診察する奥村さん(岐阜県岐南町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210624-OYT1I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)