読売新聞オンライン

メニュー

国内初のUFO研究所が開所、所長は「ムー」編集長に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 未確認飛行物体(UFO)の謎を探ろうと、「国際未確認飛行物体研究所」(通称・UFO研究所)が24日、福島市に開所した。国内外から会員を募り、目撃情報の収集・分析や「遭遇」に向けた調査研究を進める。米国防総省が調査に乗り出すなど、UFOへの関心が高まる中、国内唯一のUFOに特化した研究所として町おこしへの貢献も期待されている。

開所式ではUFO研究所のロゴマークが発表された(右から2人目は三上所長)(24日、福島市で)=武藤要撮影
開所式ではUFO研究所のロゴマークが発表された(右から2人目は三上所長)(24日、福島市で)=武藤要撮影

 「UFOふれあい館」(同市飯野町青木)内に設けられ、所長にはミステリー雑誌「月刊ムー」編集長の三上丈晴さん(52)を迎えた。この日は「UFOの日」とされており、三上さんは「UFOはロマンで、私の生き方や人生観に大きな影響を与えてくれた」と力説。「コロナ禍で気持ちが下を向いている今こそ、空を見上げてUFOを探してほしい。それが元気のもとになればうれしい」と話した。

UFO研究所のロゴマーク
UFO研究所のロゴマーク

 同館のある 千貫森せんがんもり (標高462メートル)では、UFOの目撃情報が古くからあり、旧飯野町はUFOによる町おこしに取り組んできた。米中央情報局(CIA)の機密文書など約3000点の資料を収蔵する同館は、全国からマニアが訪れる知る人ぞ知る場所だ。

 研究所はウェブ上で、UFOの目撃情報に関するアンケート調査も実施する。まずは千貫森周辺の情報を集め、夏には対象地域を全国に広げるという。会員も募集しており、会費に応じて「地球系」「太陽系」「銀河系」に分類して特典を与えるなど、遊び心ある企画で魅力発信につなげる。市も「コロナ禍で 閉塞へいそく 感が漂う今こそ、世の中を明るくしたい」と支援する。

 地元の有志でつくる「UFOの里いいの聖地化プロジェクトチーム」の阿曽隆一さん(51)は「飯野の人たちの多くはUFOを見たことがある。目撃情報を集め、ここから発信していく。ゆくゆくは千貫森にUFOを呼びたい」と力を込めた。

無断転載・複製を禁じます
2153596 0 社会 2021/06/24 20:50:00 2021/06/25 11:25:43 2021/06/25 11:25:43 開所式では、UFO研究所のロゴマークが発表された(右から2人目は三上所長)(24日午前10時51分、福島市で)=武藤要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210624-OYT1I50119-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)