読売新聞オンライン

メニュー

国内の新規感染1675人、都内は6割が感染経路特定できず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内の新型コロナウイルス感染者は24日、41都道府県と空港検疫で1675人確認された。死者は42人。重症者は前日から17人減って629人となった。

 東京都では新たに570人の感染が確認された。1週間前の木曜日から118人増え、1日当たりの感染者は5日連続で前週の同じ曜日を上回った。感染経路が特定できない人は全体の6割を占めた。70~90歳代の男性3人の死亡も判明した。

 大阪府では116人の感染が判明。前週の同じ曜日よりも21人多く、2日連続で前週の同じ曜日を上回った。

 沖縄県では、初めてインド型(デルタ型)の感染者が確認された。

無断転載・複製を禁じます
2153657 0 社会 2021/06/24 21:04:00 2021/06/25 03:51:16 2021/06/25 03:51:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210625-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)