読売新聞オンライン

メニュー

知事「早い者勝ちの状態、戦略ないまま走った」…接種申請の受け付け中止に苦言

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、河野行政・規制改革相が、職場接種や自治体が設ける会場の申請受け付けを一時中止すると表明したのに対し、山梨県の長崎幸太郎知事は24日の記者会見で「早い者勝ちのような状態になっていて、戦略がないまま走ってしまったことは残念だ」と苦言を呈した。

長崎幸太郎・山梨県知事
長崎幸太郎・山梨県知事

 一時中止について政府は、1日あたりの可能配送量が上限に達したことを理由としている。知事は「ずさんな対応としか言いようがない。スムーズに、かつ小さなところにも目配りした政策を希望する」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2154707 0 社会 2021/06/25 08:17:00 2021/06/25 08:55:23 2021/06/25 08:55:23 長崎幸太郎・山梨県知事。県庁で。2019年5月23日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210624-OYT1I50139-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)