読売新聞オンライン

メニュー

女子高生誘拐の男「私が面倒見た方がいい」…警官が自宅にいる2人を発見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 SNSで知り合った鹿児島県内の女子高校生(10歳代)を誘拐したとして、県警は24日、福岡県苅田町神田町3、会社員の男(42)を未成年者誘拐容疑で現行犯逮捕した。

鹿児島県警本部
鹿児島県警本部

 発表では、男は、今月中旬頃から同日までの間に、高校生が未成年であることを知りながら、自宅まで連れ出して誘拐した疑い。男は「間違いない」と容疑を認め、「私が面倒を見た方がいいと思った」と話しているという。

 県警によると、高校生の親が18日、行方不明者届を提出。防犯カメラの映像などから男を特定した。警察官が駆けつけたとき、高校生は男と2人で家におり、けがはなかったという。

無断転載・複製を禁じます
2154591 0 社会 2021/06/25 06:33:00 2021/06/25 06:33:00 2021/06/25 06:33:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210624-OYT1I50140-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)