読売新聞オンライン

メニュー

物流ドローンが東京湾横断「ひやり、はっとは一つもない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 千葉市は、専門家や民間企業などと協力し、都市部でドローンを活用した物流の実用化に向けた実証実験に取り組んでいる。今月には、無人地帯で目視外で自律飛行する「レベル3」で、横浜市から千葉市まで東京湾を横断し、約50キロの長距離飛行に成功した。2023年度中のビジネス化を目指す。

人工の歯を積み、上空を飛行するドローン(千葉市美浜区の稲毛海浜公園で)
人工の歯を積み、上空を飛行するドローン(千葉市美浜区の稲毛海浜公園で)

 21日午前8時40分、インプラント治療で使う人工の歯(約100グラム)を積んだドローン(全長約2・3メートル、全幅約2・8メートル)が、横浜市の物流施設から離陸した。向かい風が吹く中、平均時速40キロで東京湾の上空100メートルを横断し、午前10時過ぎに千葉市美浜区の稲毛海浜公園の駐車場に着陸した。

 千葉市によると、東京湾上空での飛行レベル3での長距離飛行は初めて。プロジェクトの代表事業者「先端ロボティクス財団」(東京都)の野波健蔵理事長は「ひやり、はっとは一つもなかった」と評価した。

 ドローンでの物流が実用化されると、東京湾沿岸の都市を結ぶ空の交通網の構築が期待される。緊急時には、AED(自動体外式除細動器)や災害救援物資の搬送に活用できるという。

 政府は、22年度をめどに、有人地帯で補助者なしで目視外飛行する「レベル4」の実現を目標に掲げる。来春に行う実証実験では、狭い場所での垂直の離着陸や、時速150キロでの飛行に挑む。

無断転載・複製を禁じます
2154598 0 社会 2021/06/25 06:56:00 2021/06/25 06:56:00 2021/06/25 06:56:00 稲毛海浜公園の上空を飛行するドローン(千葉市美浜区で)=長岩真子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210625-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)