読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

1回目ファイザー、2回目にモデルナ…異なるワクチンを高齢者に接種するミス

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都足立区は28日、新型コロナウイルスのワクチン接種で、区内の高齢者に対し、1回目と2回目で種類が異なるワクチンを打つミスがあったと発表した。現時点で体調に問題は生じていないという。

足立区役所の大規模接種会場
足立区役所の大規模接種会場

 区によると、この高齢者は今月1日、区内のかかりつけ医で米ファイザー製のワクチンを接種し、今月27日に区医師会館で2回目の接種を受けることになっていた。ところが、誤って区役所の大規模接種会場に行き、米モデルナ製のワクチン接種を受けたという。

 2回目の接種時に持参した接種券にはファイザー製の接種済み証が貼付されていた。だが、会場の受け付けスタッフも、問診を担当した医師も1回目のワクチンがファイザー製であることに気づかなかったという。高齢者の帰宅後、家族がミスに気付いた。

 区は今後、この高齢者に重篤な副反応が起きないかを注視するとともに、数週間後に抗体の有無を確認するとしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2163145 0 社会 2021/06/29 00:04:00 2021/06/29 07:50:52 2021/06/29 07:50:52 足立区役所に新設された新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場。東京都足立区で。2021年6月25日朝刊都民版「ワクチン 足立区 大規模接種開始 8月以降予約の高齢者対象」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210628-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)