読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県立高教諭、休憩時間に少女にわいせつ行為…その後に授業行う

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10歳代の少女にわいせつな行為をしたとして、福島県警郡山署は28日、県立高校教諭(47)(郡山市)を準強制わいせつの疑いで逮捕した。

福島県警察本部
福島県警察本部

 発表によると、教諭は25日午後4時40分~同6時15分頃、郡山市内で10歳代の少女の体を触るなどわいせつな行為をした疑い。少女と保護者が同日夜、同署に被害届を出した。容疑を認めているという。

 県教委によると、教諭は1年(定時制課程)の担任で25日も出勤しており、午後4時40分~同5時半は休憩時間だった。同7時10分からは授業を行っていた。

 県内では公立学校教諭の懲戒処分が今年度に入って5件に上り、県教委が21日に再発防止の通知を各学校に出したばかりだった。記者会見した県教委の丹野純一次長は「綱紀粛正の指導を重ねてきたにもかかわらず痛恨の極み。県民の信頼を裏切る結果となり、深くおわび申し上げる」と陳謝した。今後、懲戒処分を検討する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2165801 0 社会 2021/06/29 22:54:00 2021/06/30 09:32:51 2021/06/30 09:32:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210629-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)