読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

再度「死刑判決です」と告げた裁判長に、被告は「はい」とかすれた声で短く返答

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 裁判所は殺意や刑事責任能力を認め、殺人罪などに問われた小松博文被告(36)に死刑を言い渡した。茨城県日立市で2017年10月に起きた妻子6人殺害事件の裁判員裁判。水戸地裁で30日にあった判決公判で、結城剛行裁判長は「結果は重大で犯行態様も悪質」と述べた。

水戸地裁
水戸地裁

 判決公判は午後3時に始まった。小松被告は結城裁判長から「(証言台脇の)席に戻って座って聞いてください」と促され、ゆっくりと着席。これまでの公判と同様に少し前かがみの姿勢で、結城裁判長が読み上げる判決理由を聞き、表情を変えることはなかった。

 「死刑をもって臨むことが真にやむを得ないと認められる」。結城裁判長は約50分後、極刑を言い渡し、再度「死刑判決です」と告げた。小松被告は「はい」とかすれた声で短く返答した。

 公判では、事件当時の刑事責任能力が争点になった。弁護側は、精神障害などにより善悪を判断する能力が失われていたと主張した。

 これに対し、結城裁判長は判決で「犯行直前まで数日間にわたり思い悩んだ上で実行に及んだ。日立署に出頭し、犯行内容を相当程度具体的に供述している」と指摘。「犯行の違法性や重大性を十分理解していた。心神喪失や心神耗弱でなかったことも明らか」とし、刑事責任能力を認めた。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2171337 0 社会 2021/07/01 18:10:00 2021/07/02 11:50:32 2021/07/02 11:50:32 水戸地方裁判所。茨城県水戸市で。2020年11月9日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210701-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)