読売新聞オンライン

メニュー

退職する男、同僚に模造刀見せ「ぶっ殺してやる」…敷地には模型手投げ弾など141点

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県警小山署は1日、小山市横倉新田の無職の男(44)を脅迫容疑で逮捕した。

栃木県警
栃木県警

 発表では、男は6月28日午後7時45分頃、勤めていた同市内の土木会社に押しかけ、従業員に模造刀を見せて「ぶっ殺してやる」とどなり、その後もモデルガンや模型の手投げ弾など計141点を会社敷地内に置いて回り、同社社長らを脅した疑い。

 男は勤務態度に問題があり、この日で退職していた。調べに対し、「脅すつもりではなかった」と供述しているという。

無断転載・複製を禁じます
2172938 0 社会 2021/07/02 10:58:00 2021/07/02 10:58:00 2021/07/02 10:58:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210701-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)