読売新聞オンライン

メニュー

駐車場に廃棄物132キロ投棄、ハーモニカの名前から業者の男判明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警視庁亀有署は1日、東京都葛飾区東金町、清掃業の男(48)を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕したと発表した。逮捕は6月30日。

警視庁
警視庁

 発表によると、男は2月4日夜、葛飾区内の商業施設の1階駐車場に、パソコンのモニターやスーツケースなどの廃棄物(計約132キロ)を投棄した疑い。この日、都内の30歳代の女性から約1万5000円で引き取ったもので、調べに対し、「捨てるところに困った」と容疑を認めている。

 廃棄物に含まれていた 鍵盤けんばん ハーモニカに小学校と女性の名前が記されており、亀有署が学校に問い合わせるなどしたところ、男が引き取った物とわかった。

無断転載・複製を禁じます
2174564 0 社会 2021/07/02 17:53:00 2021/07/02 18:01:11 2021/07/02 18:01:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)