読売新聞オンライン

メニュー

観光大使・西川貴教さんがびわ湖でごみ拾い…「水産資源アピールしたい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

漁船からごみを運び出す西川さん(左、大津市で)
漁船からごみを運び出す西川さん(左、大津市で)

 「びわ湖の日」に合わせて毎年行われている「びわ湖(漁場)をきれいにする運動」(滋賀県漁連主催)が1日、県内各地で行われた。

 漁師や住民ら約1200人が港や湖岸などでペットボトルや空き缶などを拾い集めた。回収したごみの量は4トントラック37台分にのぼった。

 県出身のミュージシャンで「滋賀ふるさと観光大使」の西川貴教さんも大津市本堅田の堅田漁港を訪れ、三日月知事と一緒に、湖上で回収されて漁船に積まれていたごみを陸揚げした。

 西川さんは「湖のために日々できることを考え、貴重な滋賀の水産資源を県外にアピールしていきたい」、三日月知事は「バイクの部品など『なぜ湖に』と驚くごみがいっぱい。琵琶湖の実態を広く伝え、より豊かな湖にしていく」と力を込めた。

無断転載・複製を禁じます
2174691 0 社会 2021/07/02 18:48:00 2021/07/02 18:48:00 2021/07/02 18:48:00 漁船からごみを運び出す西川さん(左)(大津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)