読売新聞オンライン

メニュー

大阪・西成の民家2棟崩落、残る住宅の撤去作業開始

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

倒壊の恐れがある住宅にワイヤを掛ける作業員ら(7月2日午後3時54分、大阪市西成区で)=枡田直也撮影
倒壊の恐れがある住宅にワイヤを掛ける作業員ら(7月2日午後3時54分、大阪市西成区で)=枡田直也撮影

 大阪市西成区天下茶屋東で、隣接する民家2棟がのり面ごと崩れ落ちた問題で、市は2日、同じのり面の上に立つ3階建て民家の撤去に向けた準備作業を始めた。順調に進めば、6日に解体する。

 この民家の土台になるのり面の一部が崩れており、解体前に倒壊するのを防ぐため、2日午後にワイヤを取り付けて固定する作業を実施した。また、近くの保育所に影響が出ないよう囲いを設置。3日以降も、民家をのり面の下に引き倒して解体する作業を安全に行うための準備を進める。

 工事期間中、保育所は休園するほか、6日は近隣住民にも避難を呼びかける。

無断転載・複製を禁じます
2174682 0 社会 2021/07/02 18:45:00 2021/07/02 19:04:42 2021/07/02 19:04:42 倒壊の恐れがある住宅にワイヤーを掛ける作業を行う作業員ら(7月2日午後3時54分、大阪市西成区で)=枡田直也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYT1I50156-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)