読売新聞オンライン

メニュー

帰国拒否のサッカー・ミャンマー代表選手に6か月の在留資格…入管が緊急避難措置

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカーワールドカップ予選に出場するためミャンマー代表として来日し、帰国を拒否しているピエ・リヤン・アウン選手(27)について、大阪出入国在留管理局は2日、緊急避難措置として6か月の在留資格と就労を認める決定をした。

 同選手は5月28日の日本戦で国軍への抵抗の意思を示す「3本指」を掲げた。6月16日に関西空港で「帰国すれば命の危険がある」として保護を求め、同22日に難民認定を申請した。

 さらに、情勢不安を理由に在留を希望するミャンマー人に対し、日本政府が5月に新設した緊急避難措置の適用も申請していた。

 この日、支援者らと管理局を訪れた同選手は在留カードを受け取った後、「家族とミャンマー国民の無事が一番の気がかり。日本の人もミャンマー情勢に関心を持ってほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2175562 0 社会 2021/07/03 00:04:00 2021/07/03 01:33:00 2021/07/03 01:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)