読売新聞オンライン

メニュー

「今日死ぬか」「ええよ」のやりとりで妻殺害、執行猶予判決…裁判官「長く尽くした」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 介護していた妻(当時80歳)の承諾を得て、殺害したとして承諾殺人罪に問われた広島市安佐北区、無職村武哲也被告(72)に対し、広島地裁は2日、懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役3年)の有罪判決を言い渡した。水越壮夫裁判官は、がんの闘病生活を送りながら老老介護を続け、心身が疲弊した状態だったとし、「酌むべき点があり、強く非難することは出来ない」と述べた。

広島地方裁判所
広島地方裁判所

 水越裁判官は判決言い渡し後、村武被告に「これまで長いこと尽くしてこられた。自分を第一に、体を大事に、心穏やかにと願っています」と言葉をかけた。車いすで入廷した村武被告は「ありがとうございます」と頭を下げた。

 判決によると、村武被告は4月30日朝、自宅で妻の 亥聖子いせこ さんの承諾を得て、マフラーで首を絞めて窒息死させた。

 2人は1972年に結婚し、共に暮らしていたが、村武被告は2013年頃から、直腸がんや胃がんを患って、闘病を続けていた。

 亥聖子さんは15年頃、脳 梗塞こうそく になり、左半身がまひし、体が不自由になった。村武被告が介護していたが、亥聖子さんは衰弱し、精神的に落ち込み、「死にたい」と漏らすようになった。

1

2

無断転載・複製を禁じます
2175849 0 社会 2021/07/03 07:16:00 2021/07/03 16:12:12 2021/07/03 16:12:12 広島地方裁判所。広島市中区で。2020年11月9日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYT1I50185-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)