「離島除いて日本一人口少ない村」、366人となり地位返上…村長「400人に近づける」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年国勢調査の速報値が発表され、高知県大川村の人口は366人で、奈良県野迫川村の358人を上回り、「離島を除いて日本一人口が少ない村」の地位を返上した。

 大川村は、10年と15年の調査で離島や原発事故で村外避難中の村を除いて人口が最少だった。村では15年の結果をもとに地域再生計画で「離島を除き最小の自治体」と言及。村の情報サイトでも同様の表現を使っている。

 和田知士村長は「調査結果に一喜一憂するつもりはない。高齢化による自然減に出生や移住で追いつけない厳しさはあるが、定住や起業の応援を通して、人口400人に近づける努力をしていきたい」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2175985 0 社会 2021/07/03 10:20:00 2021/07/03 10:20:00 2021/07/03 10:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)