読売新聞オンライン

メニュー

児童に向かい正面から真っすぐ進む、ハンドル回避操作なく衝突か…児童5人死傷

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

送検される梅沢容疑者(6月30日、成田国際空港署で)
送検される梅沢容疑者(6月30日、成田国際空港署で)

 千葉県 八街やちまた 市で下校中の児童5人が死傷した事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で送検された梅沢 ひろし 容疑者(60)のトラックは、事故を回避する動きをしないまま、児童たちをはねたとみられることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は、梅沢容疑者が飲酒の影響を受け、適切な運転ができない状況だった可能性があるとみて調べている。

 事故は6月28日午後に発生。梅沢容疑者のトラックは、道路左脇の電柱に衝突後、児童らを正面からはね、約40メートル先に脱輪した状態で止まった。

 捜査関係者によると、防犯カメラ映像や現場の状況などから、電柱衝突後もトラックが児童たちに向かって真っすぐ進んだとみられ、県警は、ハンドル操作自体が行われていなかったとみて調べている。

 路上に明確なブレーキ痕はなく、梅沢容疑者は事故直後、駆け付けた警察官らに「トラックが止まったらひどい状況になっていた」などと説明していた。

無断転載・複製を禁じます
2175688 0 社会 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 06:52:32 2021/07/03 06:52:32 千葉地検に送検される梅沢容疑者(30日午前9時18分、成田国際空港署で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210702-OYT1I50205-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)