読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

スマホ道案内アプリ、設定ミス多発…原付きバイク・自転車で高速道入り口へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 原付きバイクや自転車、歩行者が高速道路などに進入し、神奈川県警高速隊に「確保」されるケースが増えている。食事の宅配サービスの利用増に伴い、ここ1、2年で急増しており、昨年は365件に上った。スマートフォンの道案内アプリの設定を誤り、迷い込む人が目立つ。(細田凌)

正しく設定しないと、自転車や歩行者でも高速道路へ誘導される(横浜市西区で)
正しく設定しないと、自転車や歩行者でも高速道路へ誘導される(横浜市西区で)

 高速隊によると、原付きバイクなどによる高速道路や自動車専用道路への進入は、道路交通法違反(通行禁止違反)などに問われる可能性がある。

 高速隊が保護を含めて「確保」したケースは2016年の197件から、17年232件、18年254件と増加し、19年には355件に跳ね上がった。365件にまで増えた昨年の内訳は、原付きバイク192件、歩行者108件、自転車65件。進入原因は「道迷い」が306件と最も多かった。

 19年以降の急増の背景には、コロナ下の外出自粛に伴って人気が高まった宅配サービスの利用の広がりがある。原付きバイクや自転車で商品を届ける配達員らが「一般道優先」などと指定しないままスマホアプリの道案内機能を利用。高速道路の入り口と気づかずにゲートまで行ってしまったり、自動車専用道路に入り込んでしまったりするケースが後を絶たないという。

 高速隊の滝口英仁副隊長は「重大事故につながりかねない危険な行為。道案内の設定は必ず、自分の車種に合ったものにしてほしい」と注意喚起している。

 昨年の進入原因には「認知症患者の 徘徊はいかい 」も29件あった。今年5月中旬の未明にも、横浜新道で高齢男性の迷い込みが発生。車で走行中に気づいた茨城県牛久市のアルバイト平間優介さん(23)と、同乗していた千葉県習志野市の大学4年田代陸人さん(22)が男性を保護し、事なきを得た。

 男性は車線を横断しようとしており、平間さんが工事規制中だった追い越し車線に車を止めて男性を保護し、田代さんが110番した。高速隊員が迎えに来るのを一緒に待つ間、男性は「自分が何でここにいるのか分からない」と話していたという。

 高速隊は、2人に感謝状を贈呈。父親が警察官という平間さんは「体が勝手に動いた」、田代さんは「自分たちの行動は間違いじゃなかった。助けられて良かった」と笑顔で振り返った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2176687 0 社会 2021/07/03 20:30:00 2021/07/03 20:30:00 2021/07/03 20:30:00 設定を誤り、歩行者を首都高速道路へ案内する地図アプリ(31日午後1時22分、首都高速神奈川1号横羽線の入口付近で)=細田凌撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210703-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)