読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

吹き上がる泥・打ちつける土砂の塊、建物も路線バスものみ込んでいった…熱海の土石流ルポ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 土石流が起きた熱海市伊豆山の現場に3日正午過ぎ、記者が入った。土石流は北西の山側から南東方向の海側に向かって、幅数十メートルにわたって建物をのみ込んでいた。周囲には泥のしぶきが吹き上がっており、時折、塊になった大量の土砂が斜面を打ちつけていた。

がれきと土砂にのまれた路線バス(3日午後3時11分、熱海市伊豆山で)=栗山泰輔撮影
がれきと土砂にのまれた路線バス(3日午後3時11分、熱海市伊豆山で)=栗山泰輔撮影
集落に押し寄せた土砂(3日午後0時2分、静岡県熱海市で)
集落に押し寄せた土砂(3日午後0時2分、静岡県熱海市で)

 約500メートル南東の国道135号は寸断されていた。周辺では、民家の1階が土砂に押しつぶされ、2階部分が倒れていた。路線バスは土砂に押され、建物の外壁にもたれかかり、自動販売機が横倒しになって泥に埋まっていた。

大規模な土石流が発生した現場(3日午後5時33分、熱海市で)=関口寛人撮影
大規模な土石流が発生した現場(3日午後5時33分、熱海市で)=関口寛人撮影

 午後5時過ぎ、読売ヘリで上空から現場を見ると、土石流の痕跡がはっきり見えた。土砂が流れた筋の途中、海岸近くの民家が密集したエリアでは、土砂が蛇行しながら海岸線に向かって、勢いよく流れ落ちたとみられる。

 すべて流されてしまったのだろうか。建物は見当たらない。土砂が行き着いた海岸線は一面、茶色く濁っていた。(中山智道、加藤高明)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2176822 0 社会 2021/07/03 21:14:00 2021/07/04 13:08:28 2021/07/04 13:08:28 土砂にのまれている路線バス(3日午後3時11分、静岡県熱海市伊豆山で)=栗山泰輔撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210703-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)