読売新聞オンライン

メニュー

別々の親族、それぞれ接種の予約代行…一人暮らしの高齢者が誤って3回接種

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山口県下関市は2日、65歳以上を対象にした新型コロナウイルスワクチン接種で、80歳代の対象者が誤って3回目の接種を受けたと発表した。健康被害の報告はないという。

下関市体育館で行われた高齢者向けのワクチン集団接種
下関市体育館で行われた高齢者向けのワクチン集団接種
下関市発送の接種券とお知らせ
下関市発送の接種券とお知らせ

 市によると、対象者は一人暮らし。別々の親族が接種券の原本と、再発行された券でそれぞれ手続きを代行し、医療機関の個別接種と集団接種で二重に予約をしたのが原因。医療機関は予約システムを使用していないことから、両方の予約ができたという。

 対象者は6月10日~7月1日に個別接種を2回、集団接種を1回受けた。対象者の支援者が2日、ミスに気づいて医療機関に連絡した。

無断転載・複製を禁じます
2183375 0 社会 2021/07/06 14:56:00 2021/07/06 14:56:00 2021/07/06 14:56:00 下関市体育館で行われた高齢者向けのワクチン集団接種下関市体育館で行われた高齢者向けのワクチン集団接種 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210704-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)