読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

1階にいた妹に「早く上がってこい」…土石流にのみ込まれた自宅

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大規模な土石流の発生から一夜明けた4日、静岡県熱海市の伊豆山地区には、押し寄せた土砂や建物の残骸が広がり、平穏な日常の風景は一変した。「無事でいてほしい」「少しでも早く見つけて」。安否が確認されていない住民の家族や知人らは、祈るような思いで捜索活動を見守った。

土石流に襲われて孤立した建物から、警察官によって助け出される男性(4日午後2時17分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影
土石流に襲われて孤立した建物から、警察官によって助け出される男性(4日午後2時17分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影

 現場近くに住む男性(65)は、自宅が土砂に押しつぶされ、何とかがれきの中から抜け出すことができたが、一緒にいた妹(61)の安否が分からなくなっている。

 男性は自宅2階にいて異変に気付き、窓から外をのぞくと、近くの道路に土砂とがれきが押し寄せてきた。「逃げないと命が危ない」。1階にいた妹に「早く上がってこい」と声をかけた。

 間もなくして土石流にのみ込まれた自宅は傾いて倒れ、男性は壁や家具の下敷きとなった。泥やがれきをかき分けて脱出することができたが、近くに妹の姿はなく、呼びかけにも応答がない。近所の知人の車で避難する途中、携帯電話の発信履歴が妹の番号で埋まるほど電話をかけ続けたが、折り返しは今もない。

 男性は右足などに大きなけがを負い、車いすでの避難生活を余儀なくされている。それでも、「今すぐにでも現場に行って妹を救い出したい」と声を振り絞った。

 

残り:726文字/全文:1395文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2179001 0 社会 2021/07/05 00:16:00 2021/07/05 07:10:03 2021/07/05 07:10:03 土石流に襲われて孤立した建物から、警察官によって助け出される男性(4日午後2時17分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210704-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)