読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】土石流の時速30キロ、走っても逃げるのは困難…動画などから分析

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県熱海市で3日に起きた大規模な土石流のスピードは、時速29~32キロ・メートル(秒速8~9メートル)に達していたとする分析結果を、京都大防災研究所の 松四雄騎まつしゆうき 准教授(水文地形学)がまとめた。走っても逃げるのは難しかったとみられる。

大規模な土石流が発生した現場(3日、静岡県熱海市で)=提供動画から
大規模な土石流が発生した現場(3日、静岡県熱海市で)=提供動画から

 松四准教授は、住民らがスマートフォンで撮影した土石流の動画や画像のほか、上空からの写真を分析した。その結果、土石流は3日午前に少なくとも2回発生しており、斜面の民家などを一気に押し流した2回目は、速い場所で秒速8~9メートル、より下流の海に近い場所でも秒速6メートルに及んでいたと推定した。

 土石流の速度は通常、時速20~40キロ・メートル(秒速6~11メートル)程度とされる。松四准教授は、1回目の土石流で流路が湿って土砂が流れやすくなった結果、2回目の速度が増した可能性があると分析。動画などを見る限り、土石流には、大きな岩が見当たらなかったといい、一つひとつの土砂の粒が小さく、泥流だったことも速度が上がった要因とみられるとした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2180441 0 社会 2021/07/05 15:00:00 2021/07/05 15:00:00 2021/07/05 15:00:00 大規模な土石流が発生した現場(3日、静岡県熱海市で)=提供動画から https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210705-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)