読売新聞オンライン

メニュー

給食パンに9センチの髪の毛、ちぎって食べていた小2女児気付く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三重県鈴鹿市教育委員会は5日、市立稲生小で出された給食のパンに髪の毛(約9センチ)が混入していたと発表した。健康被害はないという。

 発表によると同日午後0時50分頃、2年女児が小型黒糖パンをちぎって食べていた際に髪の毛が交ざっていたことに気付いた。パンは市内の製造業者の工場で作られたという。

無断転載・複製を禁じます
2184054 0 社会 2021/07/06 18:16:00 2021/07/06 18:16:00 2021/07/06 18:16:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)