読売新聞オンライン

メニュー

伊藤詩織さんをツイッター中傷、元東大特任准教授に賠償命令…「誤解誘う演出加えた悪質投稿」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(32)が元TBS記者による性的被害を訴えている問題に絡み、大沢昇平・元東大特任准教授にツイッター上で中傷されたとして、伊藤さんが大沢氏に110万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が6日、東京地裁であった。藤沢裕介裁判長は「閲覧者の誤解を誘う演出を加えた悪質な投稿だ」と述べて名誉 毀損きそん の成立を認め、33万円の賠償と投稿の削除を命じた。

東京地裁
東京地裁

 判決によると、大沢氏は2020年6月、伊藤さんが外国籍で通名を使っており、さらに破産した経験があるかのような誤解を与える文章をツイッターに投稿。投稿の際には、伊藤さんと同名の人物に対する破産開始決定の官報の画像も添付した。

無断転載・複製を禁じます
2184408 0 社会 2021/07/06 20:20:00 2021/07/06 20:20:00 2021/07/06 20:20:00 東京地方裁判所、東京高等裁判所(同一建物)。東京・千代田区霞が関で。2021年5月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210706-OYT1I50139-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)