読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

無免許事故で議員除名「水差された」、都民ファ内に怒り…失った1議席に大きな意味

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 改選後の都議会で「32議席」は大きな意味を持つ。

 自民党は今回、33議席を得て第1党となった。都議会の通例で、議長は第1党から出す。議長は基本的に採決に加わらないため、自民で採決に参加するのは32人。木下都議の除名がなければ、32となるはずだった都民ファと並ぶ。

 都民ファ幹部は「多数派形成のために各党の連携が必要になる今の議会構造で、採決時に第1党と同数を持てればキャスチングボートを握ることができたのに」と落胆する。

■知事選挙応援に

 木下都議を巡っては、「事故の事実を隠して有権者の審判を受けた」として強い批判が上がっている。投開票前日の3日には小池知事の激励も受けており、他党からは「都民ファや知事が辞職を勧告すべきだ」との声も強まっている。

 麗沢大の川上和久教授(政治心理学)は「改選後は自公だけでも都民ファだけでも過半数に達せず、双方の協力が必要となる」とした上で、「新型コロナウイルスの感染再拡大やコロナ禍での五輪開催により、都民の『不安』は『不満』に変わった。都議会各党も小池知事も自身の利害だけを考えず、都民のために協力して都政を進められるよう関係を築くことを最優先すべきだ」と指摘する。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2185476 0 社会 2021/07/07 08:07:00 2021/07/07 09:59:53 2021/07/07 09:59:53 選挙戦最終日に小池知事(右)の激励を受けた木下都議(3日、板橋区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210706-OYT1I50175-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)