読売新聞オンライン

メニュー

スマホ書き込み1日30回…気軽な「いいね!」が義務・依存へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

体調に異変、交通事故にも…

 「つながっているのに孤独を感じる。疲れた」。エッセイストの 忍足おしだり みかんさん(27)がスマホをやめた理由だ。

スマホ依存から抜け出すためガラケーに替えた忍足さん(東京都内で)
スマホ依存から抜け出すためガラケーに替えた忍足さん(東京都内で)

 初めて手にしたのは大学1年の夏。すぐにインスタグラムなどのSNSにのめり込んだ。「今日の服は……」「これ食べた!」と逐一つぶやく。遊園地で遊んだ日は30回以上も書き込んだ。「すてきな生活を楽しむ自分主演の独り舞台。フォロワーが増えるのがうれしかった」

 一方、友人も頻繁に投稿する。こまめにチェックし、すぐ返信しないと仲間から取り残されるとの恐怖感も。やがて「いいね!」を押し合うのが義務のように。楽しくなくなったがやめられなかった。

 大学を卒業する頃には首に激痛を感じるなど体調に異変が表れた。医師らからは「スマホの長時間使用が原因」と言われた。さらに「歩きスマホ」中に交通事故に巻き込まれそうに。スマホ依存を自覚し危機感を持って、スマホをやめガラケーに替えた。しかし、「スマホに戻ったら、きっとまた依存してしまう」と打ち明ける。

 ITジャーナリストで成蹊大客員教授の高橋暁子さんは「スマホ依存はSNSがきっかけになるケースも多い」と強調する。他人との比較や仲間外れになりたくないなどといった理由で使い続ける例も目立つという。総務省の2013年の調査では、ネット依存傾向の高い人の80.7%が、SNS利用時に悩んだり、負担に感じたりしていた。全体の56.9%よりも23.8ポイントも高い。

 つらいのに、やめるのが難しいのには理由がある。東京女子大教授(情報社会心理学)の橋元良明さんは、「いいね!」に依存を誘引するしかけがあると指摘する。

1

2

無断転載・複製を禁じます
2198731 0 社会 2021/07/13 06:00:00 2021/07/13 06:00:00 2021/07/13 06:00:00 スマホ依存を経験したフリーライターの忍足みかんさん(21日、東京都千代田区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210707-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)