読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小さな画面を長時間…若くても「スマホ老眼」に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

首や手にも負担…意識的に休憩を

 千葉県の高校3年生の女子生徒(18)は5月、学校での検診で初めて「斜視の疑いがある」と言われた。

患者を診察する松井さん。「スマホを見る時の姿勢は首への負担が大きい」と話す
患者を診察する松井さん。「スマホを見る時の姿勢は首への負担が大きい」と話す

 高校入学後、目に違和感を覚えることが増えた。中学時代に1.5あった視力が1.0と0.6に下がり、乾きや疲れを感じる。

 原因として思い当たるのはスマホへの依存だ。片道1時間の通学中、ほとんど動画を見て過ごす。「新型コロナで休校中は授業もスマホ動画で受けていた。1日のほとんどを画面を眺めて過ごしていた」という。

 浜松医科大病院教授(小児眼科)の佐藤美保さんによると、スマホを長時間見続けることで急性内斜視を発症するケースがある。黒目が内側に寄り視線がずれる症状だ。

 小さな画面を20センチ程度の近さで見続けると、両目は内側に寄った状態になり、長時間続くと目を動かす筋肉が固定されてしまうことがある。「5、6年ほど前から手術が必要な患者が増えてきたと感じる」

 日本弱視斜視学会などが行った調査では、回答した医師371人のうち122人が「2018年の1年間で、スマホなどの使いすぎが原因とみられる急性内斜視の子どもや若い患者がいた」とした。深刻な事態として現在、実態調査をしている。

若いのに…手元が見づらい

 スマホの長時間使用で、目のピントが合いづらくなり手元がぼやける症状に悩む人も増えている。

 みさき眼科クリニック(東京都渋谷区)院長の石岡みさきさんによると、「スマホ老眼」と呼ばれる症状だ。レンズの役割を果たす水晶体の厚さを変える毛様体筋が、水晶体を厚くした状態でこり固まり、ピント調節ができなくなるという。正確には「調節緊張」という症状で、加齢による老眼とは異なる。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2202097 0 社会 2021/07/15 06:00:00 2021/07/15 06:00:00 2021/07/15 06:00:00 「スマホ首」の患者を診察する松井さん。「スマホを見る時の姿勢は首への負担が大きい」と話す https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210707-OYT1I50129-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)