読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

水槽のお魚おいしいの?…水族館が「★」の数で格付け

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アブラボウズの水槽の前で取り組みを語る高山佳代さん(市立室蘭水族館で)
アブラボウズの水槽の前で取り組みを語る高山佳代さん(市立室蘭水族館で)

 北海道室蘭市の市立室蘭水族館(東忠明館長)が、水槽で展示している魚介類の「味」を紹介して星の数で格付けする取り組みを始め、ユニークな展示方法と話題を呼んでいる。海の生物に関心を持ってもらうのが狙いで、同水族館によると、味に重点を置いた水族館の展示方法は珍しいという。

 飲食店の「ミシュランガイド」のような取り組みを始めたのは魚類飼育員の高山佳代さん(38)。展示しているのと同種の魚介を知り合いの漁師から手に入れるなどして自ら調理し、「美味」(★★★)、「普通」(★★)、「いまいち」(★)の3段階で味を評価している。

 高級魚として料亭などでも出されるギンダラ科の深海魚アブラボウズ。味の評価は「美味」の★★★で、「超絶脂ギッシュ。照り焼きとみそ漬けと塩焼きにして食したが、うっ うま いぞ」と感想を記した。

 逆に、クサウオ科の深海魚アオビクニンは「いまいち」を示す★。感想は「うしお汁で食べてみた。わずかに感じるエビ風味。身と皮はでろんでろん。自分が何を食べているか分からなくなる」とつづった。

 子供の頃、釣り好きの父親が釣った珍しい魚をよく食べていたという高山さん。「店頭に並ぶ魚以外にも、おいしく食べられる魚がいることを伝えたい」と4月に取り組みを始めたところ、意外性が評判になり、SNSで1万件を超える「いいね」がついた。

 これまで試食できた魚介類は約20種で、飼育種(約50種)の半分近くに上る。「子どもたちが海の生物に関心を持ち、食育につながれば。もっとたくさん評価の数を増やしていきたい」と意気込んだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2192429 0 社会 2021/07/09 10:27:00 2021/07/09 10:27:00 2021/07/09 10:27:00 味が最高評価だったアブラボウズの水槽の前で「子どもたちの食育につながれば」と話す高山さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210709-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)