読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

冷や汗出る・ふらつく…接種受けた高齢者4人が死亡、因果関係は不明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 滋賀県は9日、県内で65歳以上の高齢者4人が新型コロナウイルスワクチンの接種後に死亡したと発表した。いずれも副反応の疑いがあるとして国に報告があったが、接種との因果関係は現時点では不明という。

ワクチン
ワクチン

 県内では今月7日までに医療従事者約4万5000人が2回目の接種を終えたほか、高齢者ら約30万人が1回以上接種を受けた。副反応の疑いがある症状については、これまでに医療機関から厚生労働省に75人分の報告があったという。

 男性が21人、女性は54人。男性9人、女性17人は重篤な症状で、うち男女各2人が死亡した。報告された症状は「冷や汗が出る」「ふらつく」「血圧が低下する」などだったという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2196248 0 社会 2021/07/10 18:20:00 2021/07/10 22:37:21 2021/07/10 22:37:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210710-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)