消しゴム・ボタン・USB、それって盗撮カメラ?…ネットにあふれる商品

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 消しゴムやキーホルダーなど身近な物を模倣した小型カメラがインターネット上に出回っている。「防犯用」などとうたうが、誰でも簡単に安価で購入できることから、盗撮行為に悪用されているのが実情だ。専門家は「登録した人しか購入できないなど規制が必要」と指摘する。(浅野榛菜)

書類送検された男の自宅から押収された消しゴム型とUSB型のカメラ。見た目ではカメラと認識しにくい
書類送検された男の自宅から押収された消しゴム型とUSB型のカメラ。見た目ではカメラと認識しにくい

 京都市山科区にある飲食店の男女共用トイレで1月、扉の付近に黒色の四角い小型カメラが設置されているのを20歳代の男性客が発見し、店員に知らせた。店は警察に通報。その後、トイレ内にあるベビーベッドの下から、消しゴムを模した白いカメラも発見された。

 京都府警山科署は6月、京都市内の男を府迷惑行為等防止条例違反(卑わいな行為の禁止)の疑いで京都地検に書類送検。署の発表で、男は「楽しむために映像を保管していた」と容疑を認めていた。

 署によると、男の自宅から、消しゴムやキーホルダー、USBなどを装ったカメラ6点を押収。調べに対し、「カメラはネットで購入した」と供述しているという。

     ◇

書類送検された男の自宅から押収されたボールペン型のカメラ
書類送検された男の自宅から押収されたボールペン型のカメラ

 ボタン、コンセント、ボールペン――。インターネット上には、こうした文房具や日用品に似せた小型カメラがあふれている。ボールペン型のカメラは実際に書くことができ、録音機能が付いている物もあるほか、置き時計の中にカメラが仕掛けられている商品もある。

 ある販売サイトでは用途について、防犯用や会議、授業での活用をあげている。一方、「迷惑防止条例等に抵触する悪質な行為に使用しないでください」といった記述もあった。小型で見つかりにくいことから、盗撮目的で使用されているケースも多いとみられる。

 防犯カメラに詳しい群馬大の藤井雄作教授(社会安全工学)は「盗撮目的以外では使えないような商品が多く出回っている」として、製造や販売する側のモラルにも問題があると指摘する。

 「今後カメラはより高機能で小さく安価になることが想定される。販売業者や購入者を登録制にしたり、盗撮行為への罰則を厳罰化したりすることを検討すべきだ」と話す。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2196303 0 社会 2021/07/10 19:06:00 2021/07/11 06:53:34 2021/07/11 06:53:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210710-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)