読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ホテルで男性刺殺、弟子の女を逮捕…現場にボウガンや複数の矢「殺す思いでやった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都市伏見区のホテルで9日に男性が刺されて死亡した事件で、京都府警は10日、京都府大山崎町、アルバイト佐藤千晴容疑者(31)を殺人容疑で逮捕した。佐藤容疑者は「殺してやるという思いでやった」と容疑を認めているという。

京都府警察本部
京都府警察本部

 発表では、佐藤容疑者は9日午前9時55分~午後5時半頃、伏見区羽束師菱川町のホテルの室内で、京都市東山区、自営業古川剛さん(37)の背中を刃物のようなもので刺すなどして殺害した疑い。

 古川さんの体には刺し傷や切り傷など複数の傷があった。また、現場では凶器とみられる刃物のほか、使用した形跡があるボウガンや複数の矢が残されていたという。

 府警によると、2人は交際関係にあるとみられ、佐藤容疑者が「人を刺した」とホテルの従業員に申告し、従業員が9日午後5時30分頃に110番。駆けつけた警察官が佐藤容疑者の身柄を確保していた。

 佐藤容疑者の家族によると、2人はいずれも陶芸を仕事にし、佐藤容疑者は古川さんの弟子だったという。府警は2人の間にトラブルがあったとみて調べる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2195674 0 社会 2021/07/10 11:49:00 2021/07/11 15:42:21 2021/07/11 15:42:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210710-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)