読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

赤木ファイル「存在するはずのメールがない」…職員妻側が説明要求

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 学校法人・森友学園への国有地売却を巡る財務省決裁文書の改ざんで、自殺した近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54歳)の妻側が12日、国側が開示した文書「赤木ファイル」には「存在するはずのメールが一部含まれていない」として、国側に説明を求める書面を大阪地裁に提出した。

 妻側が提出した申立書では、改ざんを指示する財務省理財局職員に赤木さんが反発するメールがあったのに、「その返信メールがない」と指摘。信用性に強い疑義が生じたとして、ファイルの原本を確認させるよう、改めて求めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2201204 0 社会 2021/07/13 07:21:00 2021/07/14 07:09:50 2021/07/14 07:09:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)