基礎疾患ない30代男性、死亡後に感染確認…国内の新規感染2386人

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内の新型コロナウイルス感染者は13日、47都道府県と空港検疫で新たに2386人確認された。死者は18人だった。重症者は前日から8人減って424人となった。

唯一黒字だった瀬戸大橋線もコロナで苦戦…JR四国、昨年度は全区間赤字に

 東京都では、新たに830人の感染が確認された。1週間前から237人増え、1日当たりの感染者は24日連続で前週の同じ曜日を上回った。13日は、30歳代と60歳代の男性2人の死亡が判明。30歳代男性には基礎疾患はなく、死亡後に感染が確認されたという。感染力が強いとされるインド型(デルタ型など)の感染者は178人で、1日当たりの発表では最多となった。

 大阪府は、225人の感染を発表した。1日の新規感染者数は前週の火曜から89人増加し、8日連続で100人を上回った。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2203675 0 社会 2021/07/13 21:21:00 2021/07/14 08:17:11 2021/07/14 08:17:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210714-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)