読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

神宮アート火災で男児ら死傷、元学生2人に有罪判決…「容易に出火を防げた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 明治神宮外苑(東京都新宿区)で2016年、現代アート展示イベント会場でジャングルジム風の木製作品が燃え、内部にいた男児(当時5歳)らが死傷した火災で、重過失致死傷罪に問われた日本工業大(埼玉県)の元男子学生2人(当時18歳、19歳)の判決が13日、東京地裁であった。下津健司裁判長は「わずかな注意を払えば容易に出火を防げた」と述べ、それぞれ禁錮10月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年)を言い渡した。

 判決によると、2人が所属する学生団体は、木枠に木くずを絡みつけるなどした作品を出展。2人は火災の起きた16年11月6日午後の見回り担当で、午後5時頃にライトアップのために白熱球の投光器を点灯させた。しかし、そのまま放置したため、15分後に出火して作品が炎上。内部で遊んでいた男児が焼死し、助けようとした父親が重いやけどを負った。

 弁護側は公判で「2人に投光器を扱った経験はなく、危険性を全く認識していなかった」と無罪を主張したが、判決は「2人とも点灯時に高熱を感じており、火災の発生は十分に予見できた」として退けた。一方で、教員や上級生らが投光器の使用に関して注意喚起をしなかったとも指摘。「2人だけを強く非難するのは相当ではない」と述べた。

 火災では、2人とともに書類送検された教員が不起訴(嫌疑不十分)となり、東京第5検察審査会が昨年10月に「不起訴不当」と議決したが、東京地検は今年3月、改めて不起訴とした。

 判決後、男児の両親は代理人弁護士を通じ、「被告2人には当時の行動を反省し、事故と 真摯しんし に向き合ってほしい」などとするコメントを出した。同大の成田健一学長は「安全教育の徹底と再発防止に全力で取り組む。亡くなられたお子様のご 冥福めいふく をお祈りし、ご遺族に深くおわび申し上げる」とした。

 判決について、男児の両親が代理人弁護士を通じて出したコメントの全文は以下の通り。

        ◇

 今回の判決を迎えるまでのこの4年半は、私たち遺族にとってとても つら く長い時間でした。当時5歳だった息子は本当ならば今年で10歳を迎えたはずです。今頃どんな子になっていただろうかと考えない日はありませんが、今回やっと判決の日を迎えられたことで、息子の死を悼んでくださった多くの方々に、やっと一つ報告ができる事に 安堵あんど しています。今回有罪となった学生らには、当時の行動を反省し、事故に対して 真摯しんし に向き合ってほしいと願っています。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2203718 0 社会 2021/07/13 21:46:00 2021/07/13 23:21:40 2021/07/13 23:21:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)