読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「不妊リスク」「遺伝子組み換え」ワクチン誤情報拡散…医師ら発信源のケースも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスのワクチンを巡り、誤った情報に基づいてSNS上で不安をあおる投稿の拡散が止まらない。一部の医師らが発信源になっているケースもあり、ツイッター社が、投稿に「警告」を表示するなどの拡散抑止に乗り出した。

 <(ワクチンを)打って助かる道はない>

ツイッター社が、東京都内の医師の投稿に表示した警告ラベル=画像は一部修整しています
ツイッター社が、東京都内の医師の投稿に表示した警告ラベル=画像は一部修整しています

 <不妊リスクが激増>

 <(死亡すれば)因果関係不明として別の病気で死んだように処理される>

 ツイッター社は今月、こうした内容を記した東京都内の医師の投稿に、「誤解を招く」との警告ラベルを表示。見た人がクリックすれば、厚生労働省などの情報に誘導される措置を取った。投稿をリツイート(転載)したり、「いいね」を付けたりすることもできなくした。

 この医師は以前から「全てのワクチンは効かない。それどころか病気を増やす」と主張。ツイッターのフォロワー(登録者)は9万6000人を超え、大きな影響力を持っている。

 ユーチューブでも、約5万8000人がチャンネル登録する女性の動画の一部が削除対象となった。

 この女性は「ワクチンを打つと、周囲に毒素をまき散らす」といった誤情報を発信。接種事業の中止を国に求める愛知県内の別の医師と対談し、この医師が「接種すると遺伝子が組み換えられる」と話す動画も投稿していたが、最近、閲覧できなくなった。

 読売新聞は、東京の医師と女性に取材を申し込んだが、13日夜までに回答はなかった。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2204097 0 社会 2021/07/14 05:00:00 2021/07/15 11:01:43 2021/07/15 11:01:43 医師のツイッターの投稿に表示された警告ラベル https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210714-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)