読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

キャッシュカード3枚を何者かに郵送、75万円受け取る約束した巡査長「犯罪と分かっていた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮城県警は14日、古川署地域課の巡査長(29)を詐欺と犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕した。

宮城県警
宮城県警

 発表によると、巡査長は2月8~18日、銀行口座を開設してキャッシュカード3枚の交付を受け、3月1日に75万円を受け取る約束で何者かに郵送した疑い。調べに「犯罪と分かっていた」と話し、報酬は受け取っていないと説明している。

 県警監察課によると、巡査長はSNSで「現金を配布する」という名目のキャンペーンに応募。5月下旬に「カードを郵送したら取引停止通知が来た」と同僚に相談して発覚した。この口座で数十万円の取引が複数回行われており、県警は犯罪に使われた可能性もあるとみて調べている。

 県警の阿部徹首席監察官は「警察官がこのような事件を起こしたことは誠に遺憾」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2208413 0 社会 2021/07/15 11:15:00 2021/07/15 11:15:00 2021/07/15 11:15:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210714-OYT1I50185-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)