読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

18歳未満の養女と自宅で性交、父親に懲役7年判決…裁判長「性欲のはけ口とした」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年6~7月、同居する18歳未満の養女と自宅で性交したなどとして監護者性交罪などに問われた父親の男に対し、甲府地裁(横山泰造裁判長)は14日、懲役7年(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。

甲府地方裁判所
甲府地方裁判所

 横山裁判長は「監護者であることによる影響力を利用し、被害者に性的な行為を繰り返した」と認定。「性欲のはけ口としていて、卑劣で悪質だ」と指弾した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2209074 0 社会 2021/07/15 14:21:00 2021/07/15 14:21:00 2021/07/15 14:21:00 甲府地方裁判所。山梨県甲府市で。2020年11月25日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210714-OYT1I50217-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)