読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

巡査部長、面識ある警察官のスピード違反見逃す…犯人隠避容疑で書類送検

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道警は14日、道警本部の20歳代の男性巡査長を停職6か月、函館方面本部の30歳代の男性巡査部長を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にした。

北海道警本部
北海道警本部

 発表によると、巡査長は5月28日、札幌市内で車を運転中、縁石に衝突させる事故を起こして逃げたとして、道交法違反(当て逃げ)容疑で書類送検された。巡査長からは、酒気帯び運転の基準を下回るアルコールが検出されたといい、15日付で依願退職する。

 巡査部長は昨年8月30日、交通違反取り締まり中、面識のある警察官が運転していた車の速度超過を見逃したとして、犯人隠避容疑などで書類送検された。この警察官は戒告となった。

 高田重栄・道警監察官室長は「度重なる非違事案を重く受け止め、深くおわびする」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2207895 0 社会 2021/07/15 09:28:00 2021/07/15 09:28:00 2021/07/15 09:28:00 北海道警察本部。札幌市中央区で。2020年11月10日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210715-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)