読売新聞オンライン

メニュー

東京の新規感染、1週間平均で32%増…8月上旬に2400人超の可能性も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者を新たに1308人確認したと発表した。1日の感染者が1300人を超えるのは今年1月21日(1485人)以来。14日(1149人)から2日連続で1000人台となった。

東京都庁
東京都庁

 都によると、15日に判明した新規感染者は1週間前より412人増え、26日連続で前週の同じ曜日を上回った。直近1週間の平均新規感染者は882・1人で、前週(663・6人)から32・9%の増。重症者は前日より3人多い57人だった。

 確保病床の使用率は14日時点で33%。重症者用病床では45%が埋まっている。4段階ある国指標では、ともに2番目に深刻な「ステージ3」の水準だが、15日に開かれた都の新型コロナのモニタリング(監視)会議で専門家は「重症者は感染者の増加から遅れて増える可能性がある」と指摘した。

 会議では、ワクチン接種による効果などを考慮せず、前週比30%増の現状のペースで感染者数が推移すると、8月上旬には1週間平均の新規感染者が2406人に達するとの見通しも示された。小池百合子知事は「感染のスピードが早く、これまで以上に強い危機感がある。ワクチンが広く行き渡るまで、人流抑制と基本的な対策を徹底するしかない」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2210311 0 社会 2021/07/15 21:56:00 2021/07/15 22:57:01 2021/07/15 22:57:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210715-OYT1I50161-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)