読売新聞オンライン

メニュー

震える手で「無事でいてくれマナりこ」とLINE、いつまでも既読にならず…池袋暴走の遺族・松永拓也さんの意見陳述全文

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し、松永真菜さん(当時31歳)と長女の 莉子(りこ) ちゃん(同3歳)が死亡、通行人ら9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)の公判が15日、東京地裁(下津健司裁判長)であった。検察側は論告で「被告は不合理な弁解に終始し、遺族らに絶望を与えている」と述べ、禁錮7年を求刑。弁護側は無罪を求めて結審した。判決は9月2日。

車いすに乗ったまま、検察側の論告を聞く飯塚幸三被告(左)(イラスト・構成 秋山史朗)
車いすに乗ったまま、検察側の論告を聞く飯塚幸三被告(左)(イラスト・構成 秋山史朗)

 15日は論告に先立ち、遺族が意見陳述した。真菜さんの夫の拓也さん(34)はおえつをこらえながら、「2人の穏やかな人柄を思うと、本当は被告を憎みたくはない」と心境を吐露し、「この2年間、被告に心を踏みにじられ続けてきた。重い実刑判決を望む」と訴えた。

 拓也さんは閉廷後の記者会見で、この日の陳述に向け、昨年末から、仕事を終えて帰宅した後、深夜までパソコンに向かっていたことを明かした。陳述書はA4判11ページに及び、真菜さんとの出会いや莉子ちゃんの成長ぶり、家族の将来の夢も書き込んだ。拓也さんは「1行書いては涙が出てきて書けなくなり、パソコンを開いては閉じる日が続いた」と声を詰まらせた。

 「無罪主張が遺族の苦しみにつながっている」。そう伝えたいと考えていたが、被告は過失を認めないままだった。拓也さんは落胆した様子で、「全身全霊で臨んだが、心を変えることができなかった」と語った。

 拓也さんの意見陳述の全文は以下の通り。

1 はじめに

 私は、松永真菜の夫であり、松永莉子の父でもある松永拓也です。あの事故により、突然一人残されてしまいました。本日は、命を奪われた妻と娘がどんな人だったか、私にとってどれほど大切な存在だったのか。どれほど愛し、幸せだったのかについてお伝えします。

 本来は、いくら時間をいただいても、どれだけ言葉を重ねても足りません。ですが、懸命に生きて輝いていた31歳の女性と、たった3年しか生きられなかった女の子のことを、どうか知っていただきたいです。そして、どん底に突き落とされた遺族の悲しみや葛藤と、被告が無罪を主張することに対する苦悩をお伝えします。そして、飯塚幸三被告に対し、法律で与えられる範囲で最大の刑罰を与えていただきたく、意見を述べます。

2 妻 松永真菜について

 妻である松永真菜のことは、いつも「真菜」と呼んでいましたので、この場でも「真菜」と呼びます。

 真菜とは、平成25年(2013年)、沖縄の母方の親族の集まりで出会いました。私が27歳、真菜が26歳でした。2人で夕食を共にすることになり、待ち合わせで出会った瞬間に、とても美しい人だと思い、私は一目惚れしました。真菜は寡黙な性格でしたが、食事中ずっと私の話を笑顔で聞いてくれました。

 温かく穏やかな真菜の人柄に かれ、東京に帰ってからも毎日電話をし、月に2~3回は東京から沖縄に会いに行きました。様々な観光地や島巡りをし、これ以上無い程に楽しい日々でした。今でも色 せない大事な思い出です。真菜は人の悪口や愚痴を決して言わない人でした。出会った日から亡くなる日まで、たった一度も聞いたことがありません。私はそんな彼女を、心の底から尊敬していました。

 真菜に交際を申し込みましたが、2度断られました。後で知ったのですが、真菜はお姉さんを白血病で亡くしており、ご家族のことを想うと、どうしても沖縄を離れる決断が出来なかったそうです。

 その年の11月4日、これで駄目だったら諦めようと心に決め、3度目の交際を申込みました。真菜は、「今日は何日か知っている? 11月4日だよ。『いいよ』の日だよ」と照れくさそうに言い、交際を受け入れてくれました。言葉で言い表せないほど (うれ) しかったです。

 その後も遠距離で交際を続け、平成26年(2014年)5月にプロポーズしました。「頼りない男だけど、あなたを幸せにしたい気持ちは誰にも負けません」。そう伝えると、真菜は「嬉しい」と言い、泣き出しました。その様子を見て、彼女を幸せにしようと心に誓いました。

 結婚の許可をいただくために真菜のご両親の元へお伺いすると、快く受け入れてくださり、本当の家族のように接してくれました。しかし、遠く離れた東京へ娘を送り出すという苦悩があったと思います。私は、真菜のご家族に心から感謝しました。

 翌年11月4日に籍を入れると、真菜と千葉で生活を始めました。仕事から帰ると、真菜が「おかえり」と言って出迎えてくれる。遠距離が当たり前だった私達にとって、この日常は本当に幸せでした。

 私は腎臓が弱かったのですが、彼女は「私が治してあげる」と宣言し、腎臓にいい料理を調べて実践してくれました。そのおかげで私は目に見えて元気になりました。それ以外にも、私は彼女の人間性、他者に対する愛の深さから多くを学び、精神面でも成長させられました。彼女が (のこ) してくれたものは、今もなお私の中で生き続けています。

3 娘 松永莉子について

 平成27年(2015年)のとある日。私が仕事から帰ると真菜が飛びついてきて、子供を授かったことを伝えられました。歓喜の声を上げながらリビングで小躍りをし、喜びあったことをよく覚えています。

 少しずつ大きくなる真菜のお (なか) に、毎日一緒に話しかけました。真菜はお腹を (いと) おしそうに () でながら、「ベビーちゃん、早く () いたいね」と言い、心から幸せそうな顔をしていました。真菜は 悪阻(つわり) がひどく、一日中動けない日もありましたが、新しく生まれてきてくれる命に思いを馳せ、2人で協力しながら日々を過ごしました。

 翌年の1月11日、立ち会い出産を選択した私は、真菜と共に 分娩(ぶんべん) 室にいました。真菜はとても我慢強い人なので声一つ出しませんでしたが、痛みに耐えながら私の手を力いっぱい握り、私も握り返しながら「頑張れ、頑張れ」と声をかけ続けました。そして、莉子も頑張って生まれてきてくれました。3170グラムの小さな命を胸に抱き、真菜は「かわいい」と涙を流しました。次に私が莉子を抱きしめると、小さな手で私の指を握り返してくれました。その (ぬく) もりを感じながら、命が生まれることはなんて神秘的なのだろうか。我が子というのは、なんて愛おしいものなのだろうか。そう感じ、私も涙を流しました。そして、命をかけて莉子を産んでくれた真菜に感謝しました。自分が父親になったことにまだ実感がわかないものの、「この2人を守り、絶対に幸せにする」と心に誓いました。

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
2210744 0 社会 2021/07/16 01:11:00 2021/07/16 14:49:38 2021/07/16 14:49:38 検察官の読み上げる論告を聞く飯塚幸三被告(左)(イラスト・構成 秋山史朗) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210716-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)