読売新聞オンライン

メニュー

神奈川県、緊急事態宣言の要請を検討…五輪控え強い対策必要と判断

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県は、政府に緊急事態宣言の発令を要請する方向で調整を始めた。16日にも対策本部会議を開く。

神奈川県庁
神奈川県庁

 県内では15日、新たに403人の感染が判明した。1日当たりの新規感染者が400人を超えるのは1月28日以来。関係者によると、人流の増加が予想される東京五輪を控え、より強い対策が必要と判断した。同県には、まん延防止等重点措置が適用されている。

無断転載・複製を禁じます
2210782 0 社会 2021/07/16 01:45:00 2021/07/16 09:28:31 2021/07/16 09:28:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210716-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)