読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

85歳女性、頭部を複数回殴られ死亡…安否確認で訪れた警官らが発見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 16日午後4時20分頃、宮城県松島町高城の民家で、この家に一人で住む無職小野金子さん(85)が、玄関で頭から血を流して死亡しているのを、安否確認のため訪れた警察官らが見つけた。司法解剖の結果、頭部に鈍器で殴られたような傷があり、県警は17日、殺人事件と断定。塩釜署に捜査本部を設置した。

女性が遺体で発見された現場周辺(17日午前8時46分、宮城県松島町で)
女性が遺体で発見された現場周辺(17日午前8時46分、宮城県松島町で)

 発表によると、死因は頭部外傷で、複数回殴られたとみられる。小野さんはTシャツにズボン姿で、死後数日が経過していたという。

 親族が16日午後、小野さんと連絡が取れないことを不審に思い、民間の訪問サービス業者に連絡。担当者が同署松島交番の警察官とともに小野さん宅を訪れて遺体を発見した。

 現場は、JR仙石線高城町駅から西に約100メートルの住宅街。

宮城県警察本部
宮城県警察本部
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2214828 0 社会 2021/07/17 20:33:00 2021/07/17 20:38:42 2021/07/17 20:38:42 現場となった住宅の周辺には規制線が張られていた(7月17日午前8時46分、松島町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210717-OYT1I50109-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)