読売新聞オンライン

メニュー

同僚女性の車のタイヤ付近にクギ、学校職員の男を逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 同僚女性の車のタイヤ付近にくぎを置いたとして、広島県警竹原署は17日、大崎上島町原田、県立学校職員の男(49)を県迷惑防止条例違反(嫌がらせ行為)の疑いで逮捕した。容疑を否認しているという。

広島県警察本部
広島県警察本部

 発表では、男は3月26日~7月12日、勤務する同町の県立学校の駐車場で、3回にわたって、女性(26)の車の後輪付近に複数本のくぎを置いた疑い。

 同署によると、以前、タイヤにくぎが刺さってパンクする被害があり、女性が同署に相談していた。同署は経緯や関連を調べる。

 県教委教職員課は「詳細を確認中」としている。

無断転載・複製を禁じます
2215894 0 社会 2021/07/18 10:52:00 2021/07/18 10:52:00 2021/07/18 10:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210717-OYT1I50120-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)